ホーム > 平成27年度 病院指標

平成27年度 病院指標

  1. 1.年齢階級別退院患者数
  2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 3 55 117 128 204 204 447 614 822 383
平成27年4月から平成28年3月までの年間退院患者合計数は2,977名でした。60歳以上の患者さんの占める割合が7割を超えており、症状的に重症化になりやすい高齢者の方の入院が多い傾向にあります。脳神経外科や外科や整形外科では若年層での入院治療も行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 170 23.87 14.34 7.06 78.68
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 106 35.98 21.69 12.26 84.81
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 89 6.08 5.50 2.25 46.83
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎での入院症例が多く、高齢者の方の入院が多くを占めています。高齢者の肺炎では、そのほかの臓器障害も併発していることが多く、また誤嚥性肺炎に関しては、肺炎が改善したところで、再度誤嚥し肺炎を繰り返すことも多いです。その為、平均在院日数が全国平均よりも長くなりがちとなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 48 7.6 7.84 0 51.5
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 19 35.21 14.34 5.26 80.68
060150xx02xx0x 虫垂炎 18 8.44 9.48 0 51.36
外科で最も多い症例は、胆嚢炎、胆嚢水腫等になり、患者さんの手術の負担を少なくする腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。また、外科常勤医4名にてその他の腹腔鏡下手術や開腹手術や化学療法など幅広い診療を行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 86 4.71 5.31 0 67.88
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 57 30.58 18.08 1.75 69.4
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 47 7.34 7.52 4.26 50.96
前庭機能障害の症例が最も多く、次いで脳梗塞、頭蓋・頭蓋内損傷の症例となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 72 48.28 28.7 26.39 82.88
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 63 39.3 21.52 3.17 81.33
160760xx97xx0x 前腕の骨折 12 17.25 5.70 0 70.42
整形外科では、手術が必要となる骨折等の入院患者が多く、高齢者の方の占める割合が高くなっています。手術後に当院の回復期リハビリテーション病棟でリハビリをされてADL機能を復帰されて自宅または施設等に戻られています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 13 19 0 9 0 1 7
大腸癌 5 11 19 6 20 2 2
乳癌 1 0 0 0 2 1 1 7
肺癌 0 0 0 0 7 1 1 7
肝癌 0 1 0 4 7 1 2
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌・大腸癌の患者さんを多く診療しており、手術や化学療法などの症状に合わせた治療を実施しています。UICC病期分類が不明に分類されている症例については、治療前の検査入院に該当する患者さんが多くなっています。入院中に検査結果が出ていない等が理由として挙げられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 22 7.91 50.45
重症度 1 32 17.88 73.97
重症度 2 71 28.08 85.97
重症度 3 29 40.24 86.9
重症度 4 23 44.43 85.61
重症度 5 7 48.29 89.29
不明 1 100 76
患者数が最も多かったのは重症度2でした。平均年齢は85歳で後期高齢者の方となっています。80歳以上の方については、重症化の傾向にあり、平均在院日数も長期化しています。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 30 4.67 77.17 3.23
その他 1 2 65 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 115 51.43 74.14 5.07
その他 23 39.17 73.83 1.45
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 36 75.5 0
その他 13 10.15 74.08 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 5 9.2 73.8 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 2 9 25 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が多く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の6割を占めています。平均年齢は70歳以上の高齢者となっており、50日程度の入院期間で治療とリハビリを行い、自宅または施設へ戻られています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 34 0.03 1.32 0 65.65
K654 内視鏡的消化管止血術 22 3.27 12.32 13.64 69.82
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 10 4.5 10.9 30 70.7
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例が最も多くなっています。入院期間も1泊2日の短期入院となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 1.39 5.96 0 52.46
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 3.75 24.55 5 79.25
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 18 0.44 7 0 51.39
胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対して、胆嚢摘出術を行っています。当院では腹腔鏡下での手術を行うことが多く、手術に対する患者さんへの負担をできるだけ少なくするように努めています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18 2.33 41.61 5.56 77.06
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 3.29 36.07 7.14 65.21
K664 胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む) 12 68.17 564 41.67 80.42
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術の症例が多くなっています。慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。高齢の患者さんの割合が高く、緊急での手術となることも少なくありません。手術後の状態が落ち着くと、リハビリ治療などを行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 52 3.85 39 23.08 81.87
K0811 人工骨頭挿入術(股) 31 4.81 42.32 19.35 81.61
K0462 骨折観血的手術(下腿) 14 2.43 23.36 0 58.93
骨折観血的手術(大腿)の症例が最も多くなっています。骨折部を手術的に開いて、直接整復と内固定を行う方法で、内固定は、骨癒合が起こるまでの間、骨折部を鋼線・プレート・釘などを使用し、骨折部を良い位置で安定して保持します。手術後は、当院の回復期リハビリ病棟または他の病院でのリハビリ目的の転院をされています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 4 1.25 5.5 0 65.75
K8232 尿失禁手術(その他のもの) 4 1 10.5 0 58
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 2 1.5 16 0 55.5
常勤医師1名にて診療を行っており、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)と尿失禁手術の症例が多くなっています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 1 0 232
経皮的冠動脈ステント留置術の症例がありますが、現在は常勤循環器科医が不在ですので、手術症例がありません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 4 0.14
180010 敗血症 同一 12 0.41
異なる 9 0.3
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.07
異なる 0 0
播種性血管内凝固、敗血症は重篤な疾患であり、DPCで高額な点数が設定されています。そのため、医学的根拠に則った適切な病名選択が求められています。当院では臨床的に根拠のある診断を基に投入された医療資源を勘案して、入院医療費請求を行うよう務めています。
更新履歴
2016年11月29日
平成27年度版病院指標を公開しました。