ホーム > 内視鏡手術センター

内視鏡手術センター

内視鏡手術は腹腔鏡下手術(ふくくうきょうかしゅじゅつ)とも言われ、お腹に2mm〜2cm程度の小さな穴を開け、そこから内視鏡と細い手術器具を入れて行う手術です。

お腹の中に二酸化炭素ガスを注入し、手術に必要なスペースを確保します。

これにより、開腹手術よりも広い視野が得られ、キズが小さく出血の少ないキレイな手術が可能になります。

この手術手技は熟練を要しますが、当科では日本内視鏡外科学会技術認定医が責任をもって行います。

 

 

内視鏡手術はからだにやさしい!

内視鏡手術では従来の開腹手術に比べ、とても小さなキズで手術を行うため、術後の痛みが軽くなります。

もちろん見た目にもキズが小さいので、とても美容的です。

しかしもっと重要なメリットがあります。胃や腸などの内臓が空気に触れないので、胃腸の働きが早く回復し食事摂取がスムーズで、術後の回復がとても良いのです。

また、内視鏡手術では術後の癒着が少なく、腸閉塞の発生率も低くなります。

しかし、この内視鏡手術は全ての症例に対して行えるわけではありません。 高度に進行した悪性腫瘍や、過去に開腹手術を繰り返し受けた状態、あるいは炎症が高度な場合、全身状態が悪い場合など、内視鏡手術を行うと危険な場合もあります。

気になることや知りたいことがあれば、なんでも医師にご相談ください。

 


 

 

2017年度 内視鏡手術実績

内視鏡手術 170
胃癌 5
大腸癌 19
直腸癌 5
胆石症 ( 単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術 ) 81
鼡径ヘルニア ( 腹腔鏡 TAPP ) 25
急性虫垂炎 (単孔式腹腔鏡下虫垂切除術) 22
腹膜炎手術 5
イレウス 4
腹壁瘢痕ヘルニア 4

 

著書

 

 

当院で施行している腹腔鏡下手術