ホーム > 医療安全について

医療安全について

医療安全に対する取り組み

福岡輝栄会病院は、患者中心の高度な医療の提供と事故のない医療を提供するために、職員のひとりひとりが最大限の注意を払い日常の診療に当たっている。

医療事故防止に当たっては患者の安全を最優先に考え、職員のひとりひとりが医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、医療事故防止への取り組み を行うとともに、個人の努力だけに依存するのではなく、病院全体が組織的に医療事故防止に取り組むものとする。そのために、患者の立場に立ち、患者が安心 して医療を受けられる環境および、医療に関わる人々の安全性を確保できる環境を整備し、医療安全文化の醸成、確立を図ることを目的に次のように基本方針を 定める。

1.患者中心の医療の実践

患者が納得し自ら選択して医療を受けられるように、必要な情報を提供し、患者が自ら相談できる体制を充実するとともに、患者が医療に参加できる環境を作り上げていく。

2.医療安全に関する組織的取り組み

福岡輝栄会病院の医療安全管理は、医療安全管理委員会、医薬品安全管理委員会、ME機器安全管理委員会、院内感染対策委員会、医療安全小委員会から構成され、院長から任命された医療安全管理委員長及び各委員長を中心に組織的、継続的に取り組んでいく。

3.良好なコミュニケーション

患者の気持ちを充分汲み取り、医療従事者主体のパターナリズムに陥らないよう患者とのコミュニケーションを密にする。また、職員間のコミュニケーションを円滑にし、チーム医療を育む。

4.インシデントの報告

インシデント等に関する情報は、インシデント報告システムに従い報告する。緊急事態または重大事態発生時は連絡網に従い報告し、迅速な対応に努める。さらに、誰でも自由に発言・報告できる環境を整備し、報告の文化を育成するとともに、安全文化の醸成を図る。

5. 医療事故防止対策の実施

インシデント等の原因分析と評価検討により、再発防止策への反映を図る。
事故の原因がヒューマンエラーであったとしても、「個人責任志向」でなく「原因志向」で臨み、診療システムの改善に結びつけることを目指す。

6.医療事故への対応

患者に何らかの傷害が発生した場合には、救命や回復に全力を注ぐとともに、患者や家族に十分な情報提供を行う。また、発生した事態が過失による医療事故か 否かの判断や組織的な医療事故対応については、危機管理委員会で調査、審議し、現場の職員とともに、迅速性と即応性、客観性と公正性を有する意思決定と行 動をとり、患者やその家族、さらには社会への説明責任を果たしていく。

7. 患者様からの相談の実施

患者からの相談、意見等を尊重し、業務の改善に努める。

8.情報の共有

安全な医療を提供するために必要な情報を全職員が共有できるよう、各委員会を活用し速やかに周知徹底する。


9.安全文化の構築

すべての職員が医療安全管理に参画し、積極的に安全を推進していくために、職員研修をはじめ様々な場を通じて、医療安全管理に関する教育や啓発に努める。


10. 管理運営業務

福岡輝栄会病院「医療安全管理指針」を作成、周知し、必要に応じて適宜見直しをしていく

医療法人輝栄会 輝栄会病院
平成20年9月30日 医療安全管理委員会