ホーム > 医療技術部 > 放射線科

医療技術部|放射線科

放射線科紹介

主な日勤業務としては一般撮影、CT、MRI、RI、DSA、OP中イメージなどで当直業務でもRIを除くすべての検査ができるように対応しています。

その他の取り組みとして、フィルムレス化により写真などの情報をデジタル信号により記憶させ保存し院内の全てのパソコンで画像を見ながら読影もできる最先端技術も導入しています。

機器の紹介

フラットパネルDSA

全身の血管を少量の造影剤を使用して撮影(血管造影)、疾患状態をデジタル画像で写し出します。血管の画像から病気の明暗がはっきりと写り正確に診断しやすく、細くなった血管を拡げたり、血管を塞いで出血を止めるなどの治療を行うことができます。

当院では、GE製のバイプレーンDSA装置を導入しており、血管撮影像もコンピュータ処理により鮮明な血管像のみとなります。脳血管、心臓血管(冠状動脈)の精密な診断のみでなく、脳血栓の血栓溶解療法や脳動脈瘤のコイル塞栓術等血管内治療も可能になり、積極的に取り組んでおります。

MRI

磁石の磁場(磁気共鳴現象)を利用した診断用撮影装置で、人体を縦・横・斜めと自由自在に任意の断面が撮影でき、疾患状態をデジタル画像で写し出します。明暗がはっきりと写りますので正確に解析しやすく、放射線をまったく使用しないので、X線被曝がありません。

当院ではGE社製Signa HDxt 1.5T(テスラ)の高磁場装置を導入しており、短時間で精度の高い検査ができます。また、全身の検査ができ、血管の検査も造影剤を使用することなくできます。
脳梗塞の早期診断、整形外科、血管、消化器などの検査に大変有用です。また、検査データから再構成画像を任意に作成できる専用のコンピューター(ワークステーション)も導入しており、三次元画像の作成にも優れています。

マルチスライスCT

エックス線を使って体の断面を写し出す検査とその装置です。従来は検出器1列で1断面を検出(1回の息止めで1枚の画像撮影)していましたが、複数列装備することで同時に複数断面を検出できるようにした装置です。そのため、1度のエックス線照射で多断面を同時に撮影することが可能になり高速で精度の高い検査ができます。

当院では、GE社製の64列マルチスライスCTを導入しており、1度に広範囲をスキャンできます。また、最近問題になってきているX線の医療被曝に対しても常に必要最低限の線量で検査ができる様プログラムされているため、安心して検査が受けられます。X線被曝が少なく全身の検査ができ、検査データから再構成画像を任意に作成できる専用のコンピューター(ワークステーション)も導入しており三次元画像の作成にも優れています。

骨密度測定装置

日本の骨粗鬆症患者は、約1,300万人と言われ、10人に1人が骨粗鬆症です。また、骨折・転倒は、「介護が必要となる原因」の第4位です。(厚生労働省大臣官房統計情報部 国民生活基礎調査 平成25年より)
骨折の影響で寝たきりにならないためにも、ご自身の骨の状態を知ることは大切です。
当院で導入した骨密度測定装置「Horizon」の測定では、無理な姿勢ではなくリラックスして検査を受けられます。
検査結果は保存されますので、定期的に検査を受けることにより、さらに精度の高い診断が望めます。